訪問介護員・名倉正のお仕事奮闘日記

名古屋で訪問介護の仕事をしている名倉正が、仕事を通して感じたことや学んだこと、日々の出来事などを書いていきます。

保育士6千円・介護職1万円

保育士と介護職員の賃金を来年度から引き上げる方針が表明されましたね。

平均月額で、保育士は約6千円、介護職員は約1万円の上げ幅を想定しているとのことですが、 1億総活躍社会という割には、とってつけたような引き上げですね・・・。

経験のある保育士であれば、さらに上乗せされて最大数万円程度賃上げとするとのことですが、一体どのように賃上げするつもりなのでしょうかね??

他産業との賃金差がなくなるよう処遇改善を行うとのことですが、他の同じ程度では人は集まりませんよ。

保育士と介護士が圧倒的に足りていない状況を理解しているのでしょうかね?

はっきり言って、保育士や介護士というのは楽な職業ではありません。
他の業種と同じ程度の賃金では、目指す人なんていないでしょうね。

特に介護においては、親の介護のために職場を離れなければならない人々がたくさんいることを理解っているのでしょうかね?

もしも、介護される人よりも介護師の人数のほうが多ければ、辞めざるを得ない仕事を辞めなくても済む社会になるのではないでしょうかね?

それこそ、1億総活躍社会となるのではないでしょうかね?

たった6千円ぽっち、1万円ぽっちをあげたくらいで、世の中が変わるとでも思っているのでしょうかね?

お金は現状のままでもいいので、もっとしっかりと全ての人を見据えた改革をうち出して欲しいものです。

これじゃ、「お金だけ与えておけばいい」というようなレベルの話ですよ。
もし、お金だけで済ませようとしているのであれば、10万円クラスのアップでなければ何も変わりませんよ。

個人印鑑