訪問介護員・名倉正のお仕事奮闘日記

名古屋で訪問介護の仕事をしている名倉正が、仕事を通して感じたことや学んだこと、日々の出来事などを書いていきます。

訪問介護員ってどんな仕事?

こんにちは。

名古屋は今日も暑いです・・。

まだ5月なのに、なぜこんな暑いんでしょうか?

これから、もっと暑くなると思うと気力が・・。

今年も体力勝負になってきそうですね。

暑さに負けないように、僕自身もしっかり体調管理しないと。

皆さんも気をつけて下さいね。

訪問介護員の仕事内容

今日は、僕の仕事である訪問介護員の仕事内容を簡単に説明したいと思います。

訪問介護員は、ホームヘルパーと呼ばれています。

ホームヘルパーの仕事の目的は、利用者様の自立生活支援です。

利用者様の自宅で、家事援助や身体介護、相談助言などを行います。

家事援助

家事援助は、主に、洗濯、掃除、調理、買い物です。

限られた時間の中で仕事をやり遂げればなりません。

言葉にしてしまうと簡単なように感じてしまうかもしれませんが、利用者様の要望を尊重しながら作業しなければならないので、好き勝手自由に進めていいものではありません。

利用者様の生活スタイルに合わせて進めていかなくてはならないのです。

色んな利用者様がいらっしゃるので、中々慣れるまでは大変でした。

身体介護

身体介護の多くは、排泄や清潔(入浴)になります。

これは、僕が凄く苦労した仕事でもあります。

中々うまくオムツ交換が出来なくて苦戦したのを今でも覚えています。

もちろん、今でも簡単に・・なんてことはないですが、始めてやった時は、それはもう冷や冷やものでした・・。

上司に何回も注意されて、悔しい思いしたこともありましたね。

コミュニケーション

利用者様の中には、私達ホームヘルパーが来訪することを楽しみにしている方もいらっしゃいます。

そういった利用者様の要望に応えることも大切な仕事の一つです。

また、逆に心を中々開いてくれない方も勿論いるので、利用者様が何を望んでいるのかを私達は汲取らなければいけません。

何気ない会話から、利用者様の気持ちを汲取り、それにお応えするのが私達の仕事だと思っています。

f:id:nagu1113:20130524174912j:plain

僕も、精神的に疲れてしまう時もありますが、やはり利用者様の笑顔や感謝の言葉が聞けた時は、やりがいを感じますし、これからも頑張ろうという気持ちになります。

まだまだ、未熟な面もありますが、これからも利用者さんが笑顔で生活できる様に前向きに頑張っていきたいと思います。